低糖質ダイエットの停滞期を乗り切るコツ

ダイエットの結果が出やすいのが
“低糖質ダイエット”ですね。

ただ、体重がすんなり減る分、
停滞期も来やすいダイエット法です。

停滞期とは一体何なのか?
どうしたら停滞期を抜け出せるのか?

低糖質ダイエットを成功させるコツを
押さえておきましょう!

停滞期とは?なぜなるの?

停滞期とは、
体重の減少がストップする期間のことを言います。

「食事や運動を頑張っているのに体重が減らない。」
ダイエッターにとっては辛い時期です。

なぜこのような現象が起こるのでしょう?

この現象は、人間に備わっている
“ホメオスタシス”という機能が働くために起こります。

低糖質ダイエットを始めると、
体重がどんどん落ちますよね。

すると体は、それを“飢餓状態”だと勘違いするのです。

その結果、少ないエネルギーでも生きていけるように、
体は摂取したカロリーや栄養をより多く吸収し、
消費エネルギーを少なくします。

生きるために体が体重の減少をストップさせる、
これが停滞期のメカニズムです。

停滞期を乗り越えるコツ

体重キープを心がける

体重が減らないからと言って無理に食事量を減らすと、
体はますます飢餓状態となって、
停滞期を伸ばすことになってしまいます。

体重が減らなくても冷静に、
キープすることを心がけましょう。

体が「飢餓状態ではないんだ」と分かれば、
また体重も減っていきます。

食事量を少し増やしてみる

「停滞期が終わるまで待てない!」
という人は、食事量をやや多くするのも一つの手。

一時的に多く食事をとることで、
体が飢餓状態ではないと判断してくれる場合があります。

体重が増えるというリスクはありますが、
長い停滞期を終わらせる方法としてはおすすめですよ。

軽い運動を取り入れる

体が省エネモードになっている時は、
運動効果もあまり得られません。

ですから体重を減らすための激しい運動ではなく、
気分転換になるようなウォーキングがおすすめです。

また自宅でできる筋トレなども、
停滞期が終わったあとの代謝アップに繋がります。

停滞期中は体重以外のことを意識して!

停滞期は私たちが生きていくうえで必要な現象で、
仕方のないことです。

諦めずに同じやり方でダイエットを続けましょう。

そして、体重だけではなく、
体型や気分転換など他のことを意識して過ごすことも大切です。

減らない体重のことばかりに意識を向けると、
モチベーションが下がってリバウンドしやすくなります。

焦らずに、うまく停滞期と向き合っていきましょう。

コメントは受け付けていません。