低糖質ダイエットはリバウンドしやすいのか!?

ダイエットで一番怖いのが
“リバウンド”です。

目標体重まで行かないうちにリバウンド…
なんてこともありますし、
目標を達成したあと食事を戻したら
あっという間に元の体重に逆戻り…
そんな話もよく聞きます。

では今流行りの低糖質ダイエットはどうでしょう?

リバウンドの危険性はあるのでしょうか…?

低糖質ダイエットはリバウンドしやすい?

ダイエット効果が高く、人気の低糖質ダイエット。

結論から言うと、
リバウンドしやすい!です。

なぜリバウンドしてしまうのか、
理由を見ていきましょう。

低糖質ダイエットがリバウンドしやすい理由

満足感が得にくい

低糖質ダイエットでは、
ご飯やパン、芋類などの炭水化物を少なくします。

これらを控えると確かに痩せやすいのですが、
満足感を感じにくいのです。

そのため「もっと食べたい」という気持ちが強くなり、
それが積み重なってドカ食い=リバウンドになってしまいます。

体重が急激に減り過ぎる

炭水化物を減らすと、体重の減りも早くなります。

すると体は、危険(飢餓)にさらされていると勘違いし、
元の体重に急いで戻そうとするのです。

例えば食欲を増やしたり、
少しの食事でも体に溜め込んだり…

その結果、せっかく減った体重が
元の体重に戻ってしまいます。

低糖質ダイエットでリバウンドを防ぐ方法

低糖質ダイエットを成功させるために、
リバウンド対策を取り入れていきましょう!

糖質を減らし過ぎない

糖質を減らし過ぎてしまうと、
それだけ体重の減りも早く、リバウンドしやすくなります。

炭水化物を“食べない”のではなく、
“控える”つもりで量をコントロールしていきましょう。

腹持ちの良い食材を取り入れる

炭水化物を少なくする分、噛みごたえのある野菜や豆腐など、
満足感の続く食材を取り入れましょう。

また満足感を長く得るためには少量の“脂質”も必要です。

オリーブオイルやえごま油など、
ダイエット効果の高い良質な油も適量とりましょう。

低糖質の食品を取り入れる

低糖質なパンや麺類を取り入れるのもおすすめです。

お腹いっぱい食べながら、
糖質をカットすることができます。

低糖質ダイエットは頑張り過ぎNG

低糖質ダイエットは最初は順調に体重が減っていきますが、
徐々に減りも悪くなり、リバウンドもしやすくなります。

「もっと体重を減らしたいから…」
と糖質の量を減らし過ぎるとなかなか続きません。

適量の糖質を摂取しながら、
無理のないペースで進めていくのが低糖質ダイエットのポイントです。

コメントは受け付けていません。