低糖質ダイエットのデメリットを知っておこう!

ダイエットにもいろいろな方法がありますが、
中でも人気が高いのが“低糖質ダイエット”ですね。

炭水化物などに含まれる糖質をカットする方法です。

一番早く体重を減らせるダイエット法
と言っても過言ではありません。

ただ、
低糖質ダイエットにはデメリットもいくつか存在します。

ダイエットを失敗に終わらせないためにも、
そのデメリットをよく知っておきましょう!

低糖質ダイエットのデメリット

ドカ食いになりやすい

低糖質ダイエットで失敗に終わってしまうほとんどの原因が、
ドカ食いによるリバウンドではないでしょうか。

炭水化物を控えると、満足感が得にくく、
ストレスが溜まりやすいというデメリットがあります。

停滞期が来やすい

体重を短期間で落とせる低糖質ダイエットのような方法は、
停滞期が来やすいというのも一つの特徴です。

急激に減る体重に体が危険を感じ、
体重の減りをストップさせてしまいます。

低血糖になりやすい

糖質を控えたときに起こりやすいのが“低血糖”です。

低血糖とは、血液中の糖質が低下することを言います。

食事の量を少なくしたときに、
集中できずに頭がボーっとする、目まいがする、
などの経験をしたことはないでしょうか。

これらは低血糖の症状が現れている状態です。

他にも、手足の震え、動悸、体のだるさや、
不安感が強くなるなど精神面にも影響を及ぼすことがあります。

コレステロールが増えやすい

炭水化物を減らすときには、
その分おかずを増やす人が多いかと思います。

すると必然的に、肉類や脂質を摂る量が増えます。

意識してヘルシーな食材や調理法を選べば
問題はありませんが、

脂身の多い肉や炒め物などを増やすと、
血中の悪玉コレステロールも増えます。

コレステロールは体に脂肪として蓄えられますから、
注意が必要です。

低糖質ダイエットを成功させるためには…

低糖質ダイエットは痩せやすいダイエット法でありながら、
失敗のリスクが高い方法でもあります。

まず心得ておきたいのは、
糖質の量を少なくし過ぎないこと。

無理に炭水化物の量を減らして、
リバウンドしてしまっては意味がありません。

効果を持続させるためにも、
主食は適量とりましょう。

そして、糖質の代わりとなる食材やその調理法を
工夫することも大切です。

ご飯やパンを食べないから大丈夫!
というわけではありません。

低糖質ダイエットの落とし穴でもある
脂質の量にも注意が必要です。

低糖質の食事と上手に付き合って、
最短でダイエットを成功させましょう!

コメントは受け付けていません。